催眠洗脳情報17 強面が拘束されて洗脳

お久しぶりです! 松風あきたろうです。季節は夏から秋へ、そして冬になろうとしていますね。肌寒くなってきたところで、今回は、暑苦しい男が催眠術にかかるドラマをご紹介します!

【催眠洗脳情報】

今回は、特命!刑事どん亀 8話から紹介します。

操られるのは、的場浩司さん演じる、八重樫 竜介 です。武闘派で、ちょっと強面な人物です。

うーん、いい感じ!僕は正統派なイケメンも好きですが、こういう渋い感じも大好きです!

気になるストーリーを、催眠シーンに焦点を当ててみていきましょう。

とあるところに、催眠術を使って、悪さをする女がいます。その女の術にかかったものは彼女の言いなりに。モブもこんな風にトロンとした目つきで操られています。

そんな女は逮捕せなあかん!ってことで、八重樫が敵のアジトに乗り込みました! が、すでにそのアジトは操られたモブ達でいっぱい。

八重樫、なにもできずに、背後からクロロフォルムで眠らされてしまいます。催眠とは違うかもしれませんが、無理矢理眠らされるのも萌えを感じますね。

眼が覚めると、椅子に拘束されている八重樫! このいかにもな催眠用の拘束椅子も萌えの小道具ですよね。ちな、周りにいる男達もみーんな操られています。

女の催眠術にかかった八重樫は、仲間にピストルを向けます。

とまあ、洗脳フェチにはムフフな展開なんですが、実は操られたフリという落ちつきです(笑)

ただ、松風的には、操られていようが、操られているふりであろうが、パッと見は変わんないので、全然オッケーw そもそも、俳優が演技をしている時点で全てが虚像なわけで……。

それでは今回の総評でふ。

総合評価……75点

加算……的場浩司、強面、モブ大量に操られる、拘束椅子、クロロフォルム

減点……未遂、服従描写なし

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA